2ちゃんねる★スマホ版★■掲示板に戻る■全部1-最新50

【スマホ】「Pokemon GO」が第2段階へ--Ingressの経験活かし地方自治体と連携

1 :
2017/02/27(月) 16:50:20.09 ID:CAP_USER
 Nianticとポケモンは2月23日、
iOS/Android向けの位置情報ゲームアプリ「Pokemon GO」を、
地方自治体が観光振興や地域活性に活用できるようにする取り組みを発表した。
具体的には、「周遊マップ」を作成するテンプレートや公認素材の提供、
それを利用する際のガイドラインを無償で提供する。
これは、2016年8月に発表した岩手県、宮城県、福島県、熊本県の被災4県、
そして京都府との観光振興連携の取り組みの一環だが、
これらの県のみならず、周遊マップを作成したい地方自治体は、
Pokemon GOサポートの「リクエストを送信」のなかにある「地方自治体お問い合わせフォーム」より申し込める。
申し込んだ後は、ガイドラインに沿って周遊マップを作成し、Nianticの確認の後に利用できるようになる。

 周遊マップは、地方自治体がおすすめしたい地域などの地図上にポケストップやジムの位置を表示させつつ、
観光スポットの解説やトイレ、駐車場の位置、おすすめルートなどを掲載している。
基本的には、紙での配付になる。

 まずは今回の発表に伴い、京都府と福島県が全国で初めて周遊マップを公開する。
2月23日に福島県須賀川市の周遊マップがオンラインで公開され、
県内39市町村(須賀川市を含む)で展開予定だ。
次に、京都府宮津市(天橋立)の周遊マップを3月頃に布する予定となっている。

(続きはリンク先で)
2/23- CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35097039/
2KB

新着レスの表示

★スマホ版★■掲示板に戻る■全部前100次100最新50

名前:E-mail: