【コラム】PS4 ProでPlayStation VRタイトルを遊び倒してみた

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1 ◆DARIUS.ei. DARIUS ★ 転載ダメ2016/11/30(水) 16:20:56.04ID:CAP_USER
より高画質でのプレイが可能になるとして発売された高性能版PS4ことPlayStation 4 Pro。
スペック的にはVR ReadyなPCを超えるほどの性能を誇るとあって、
VR的な側面でも大幅なパフォーマンスアップに期待が寄せられている。
今回は、PS4 Proを11月10日の発売日に購入し、
2週間以上かけてPlayStation VRタイトルをPS4 Proで片っ端から試し、PS4との違いを試してみた。

 PS4 Proは新型のAMD製カスタムAPUを搭載し、4.2TFlopsものGPUパワーを持つとされるゲームマシンだ。
これはノーマルなPS4(1.84TFlops)のおよそ2.3倍の性能であり、
PC用のVR Ready PCの基準のひとつであるNVIDIA GeForce GTX 970(約3.5TFlops)と
くらべてもやや上回るほどの数字だ。
そんなマシンが44,980円で買えるというのだから破格なのは間違いない。

 CPUの性能向上こそおよそ1.3倍に留まるが、画質を決める大半の要素はGPU側にあるので、
期待される効果は非常に大きい。
GPUパワーが2.3倍になればフレームレートを維持しつつ解像度を2倍以上に向上できるはずだし、
同じ解像度であればフレームレートを倍増することも可能だろう。
1ピクセル毎の情報量を増やしてキャラクターの質感を高めたり、
各種のエフェクトをゴージャスにもできるかもしれない。

 実際、PS4 Proの対応ゲームでは、新たに4K・HDRの高画質出力に対応しており、
対応ディスプレイを持っていれば非常にわかりやすく違いを感じることができる。
となればPS VRでも、ノーマルなPS4を遥かに上回るクオリティでVRゲームを楽しめる! 
と期待して検証に望んだものの、それなりの時間を掛けて比較した結果、
ごくわずかな違いしかないという残念な結論になった。
理由のひとつはPS VRのディスプレイ解像度が両眼で1,920×1,080で固定であるという点だが、
もう少し詳しく見てみよう。

(続きはリンク先で)
11/30 - GAME Watch
http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/vrgaming/1032398.html

2名前は開発中のものです2016/12/01(木) 01:56:34.07ID:0IdJF17A
数字だけ見て破格とか言うんだ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています